ドラマみたいなシェアハウスのある風景

都内各地に存在するシェアハウス物件を、その周辺状況とあわせて「勝手に」ご案内します。(不動産屋ではありませんので、その物件に空きがあるかどうかは保証いたしかねます)

シェアハウスの歴史

時代の流れと共に変わる共用生活

シェアハウスで生活する様子が描かれたドラマやバラエティ番組などが放送されたことで、自分もシェアハウスに住んでみたいと考える人が増え、実際に物件数も増えてきました。
以前は都市部にしか存在していなかったシェアハウスですが、最近は地方にも物件数が増えてきたことから需要もかなり増えていることが考えられます。
シェアハウスは共用生活をするための住居として認識されていますが、シェアハウスの歴史を確認してみると様々な共用生活の形態が存在していることがわかります。

ゲストハウスからの流れ

海外ではシェアハウスにそっくりなゲストハウスという共用スタイルが存在していました。
ゲストハウスもトイレやシャワー、キッチンなどの共用スペースがあるのですが、主に海外からやって来た旅行者が利用する宿泊施設という特徴がありました。
ホテルなどの宿泊施設と比べるとゲストハウスは格安な料金で利用できるという特徴がありました。
ただ、国によって生活スタイルなどが異なるため、利用の仕方に問題があって不衛生な環境になるゲストハウスが多いという問題があったため、日本でゲストハウスが浸透することはなかったのです。

ゲストハウスという名称ではイメージがあまり良くないことから、格安な賃料で共同生活ができるという意味がわかりやすいようにシェアハウスという名称で不動産業界が物件を紹介するようになりました。
単純にお金を節約したいという目的だけでなく、一人の生活は不安を感じるので複数の人と同じ環境の中で暮らしながらプライベートの空間も大事にしたいと考える方にとって最適な環境が整っているのがシェアハウスの大きな特徴です。
若い世代だけでなく、年配の方にも受け入れられている生活スタイルです。

最近はシェアハウスを更に発展させたようなソーシャルアパートメントと呼ばれる物件も登場しています。
シェアハウスのように共用スペースを確保することで人との繋がりを維持でき、マンション並の生活環境を整えているという特徴があります。
賃料はシェアハウスに比べて割高ですが、一人暮らしをするよりも周囲の人との繋がりがあるため孤独さを感じにくいメリットがあります。

様々な共用生活のスタイルがあるのですが、いずれも共通しているのは他人との繋がりを求める人が増えていることから入居を希望する方が多いという点です。
日本ではゲストハウスはあまり存在していないのですが、シェアハウスやソーシャルアパートメントは物件数が増えているのでどちらかに入居したいと考えている人が多いです。
どちらが良いか迷った場合に決め手となるのは賃料になると考えられますので、できるだけ節約して楽しみながら暮らしたいという場合はシェアハウスがおすすめです。

Comments are closed.