1. >
  2. >
  3. シェアハウスの種類

シェアハウスの種類

種類によって住み心地が違う?


シェアハウスが注目されるようになったことで各地に物件が増えており、入居を希望する方も多くなっています。
地方ではまだ物件数が十分とはいえませんが、都市部ではシェアハウスの選択肢も増えてきたのでどの物件にしようかと迷う方も多いでしょう。
いくつかの物件を確認してみるとシェアハウスの種類が複数存在していることがわかります。
種類によっては住み心地が変わってしまう場合がありますので、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

一戸建て物件

シェアハウスという形態で多いのは一戸建てをシェアハウスとして複数の人に貸している場合です。
一戸建てでも新築と中古によって住み心地が違うので、まずは内見をして住環境の良さを確認してから決めてください。

新築の場合は設備がキレイで使いやすさを追求していることから快適に生活できるのは間違いありません。
問題になるのは賃料と他に同居するシェアメイトとの相性ですが、これらの問題をクリアできれば快適なシェアハウス生活を過ごせるでしょう。

中古の場合は古い建物になるほど不快に感じる場合があります。
神経質な方にとっては気になる部分が多すぎて、生活しているだけでも日々ストレスを感じるかもしれません。
ただし、中古の場合はリフォームを行っており、新築とほとんど変わらない状態まで回復させてからシェアハウスとして貸している場合が多いです。
特にキッチンやお風呂、トイレなどの水回り関係は全て新品に取り替えられて快適に過ごせる環境に直されている場合が多く、新築よりも割安な価格で家賃設定がされているためお得感があります。

一戸建ての場合は新築と中古も含めてプライベートの部屋をしっかり確保しながら快適に過ごせる環境が整っていると言えます。
シェアハウスでは他の人と共有する部分もありますが、一人の時間も大事にしたいと感じる時もあるので、一戸建ての方が暮らしやすいと感じる方も多いです。

集合住宅物件

シェアハウスとして貸している物件にはアパートやマンションのような集合住宅も含まれています。
ワンルームの場合は個室がないためシェアハウスとして成立しませんが、個室が2部屋以上あれば立派なシェアハウスとして運用できるのです。
賃料を安くしたいと考えている場合は大きなメリットがあるものの、一戸建てよりも圧迫感があってシェアメイトに気を使わなければいけないように感じられます。

入居者の種類

シェアハウスの入居者は不動産会社などを通じて募集することになりますが、物件を所有している人が管理者として一緒に住む場合と、入居者だけで住む場合があります。
物件所有者が管理人になる場合は必然的に何かあった時の代表として活躍できますが、入居者だけで生活してもらう場合には誰かに代表をお願いしなければ共同生活がうまくいきません。

あわせて読みたい