1. >
  2. >
  3. 共同生活を成功させるコツ

共同生活を成功させるコツ

理想と現実は一致しないもの


シェアハウスで共同生活をしている様子を見たり聞いたりすると楽しそうなので自分もやってみたい!と考える人も多いですが、実際に始めてみると思っていたような生活とはかけ離れていたという場合も多く実際に理想的な共同生活を成功させるのは難しいものです。
そもそも他人同士が同じ屋根の下で生活するのは気を使う部分も多いですし、気心の知れた友達や恋人同士でも少なからず気を使う部分もあるでしょう。
お互いに気持ち良く暮らすために共同生活を成功させるコツを実践することをおすすめします。

ルールをしっかり守る

シェアハウスでは物件に応じてルールが決められていますが、入居する前に必ずルールを守ることが入居条件として提示されているはずです。
最初はルールをきちんと守っていても、しばらく経ってシェアハウスでの生活に慣れてきた頃は平気でルールを破るようになる人も少なくありません。
こうなるとシェアメイトからも反感を買い、最終的には退去せざるを得ない場合もあるのです。

シェアハウスの基本的なルールはお風呂やキッチンなどの共有スペースではお互いに譲り合いながら使うようにして、それぞれの個室はあくまでもプライベート空間なので立ち入らないようにするべきです。
場合によっては入居者以外の人が出入りしてはいけないとか、入居者同士で恋愛関係に発展するのはご法度としている場合もあります。
このようなルールをきちんと守ることがシェアハウスで共同生活を成功させる重要なポイントになります。
入居者同士でシェアしなければならない部分をどのように使っていくのかをよく話し合って決めることが大切です。

食事は各自が用意するのが基本に

シェアハウスによっては入居者同士が当番制で用意しなければいけないというルールが決められている場合もあります。
入居した当初はこれが面白い試みだと思い喜んで用意していた方も、いつの間にか義務的に感じられるようになって食事の用意が面倒になってきます。
中には仕事が忙しいからとか、急に用事ができてしまったなどの理由で食事当番を放棄してしまい、他の入居者に迷惑をかけてしまうこともあります。
あらかじめ予算の範囲内で食事を用意するようにと言われるのが苦痛だと感じる方も少なくないので、このようなルールが決められているシェアハウスは避けた方が良いでしょう。

あくまでも距離感を保つのが必要

シェアハウスで共同生活をしていると自然な流れでシェアメイトと仲良くなれるというメリットはありますが、基本的には他人同士であるという認識を忘れてはいけません。
あまり仲良くなりすぎた結果、迷惑に感じるような行為を受けてシェアハウスでの生活が苦痛に感じられるのは避けたいので、適度な距離感を保ってシェアメイトと付き合うことも必要です。

あわせて読みたい