凛omori

シェアハウスを選択する理由

現在、シェアハウスに住むことを選択する人が増えています。
このような賃貸物件が人気となっている一番大きな理由は、一般のものに比べて家賃が安いということです。
家賃が8万円程度の一般の賃貸ならば、入居するために敷金と礼金、さらに家賃2ヶ月分などで50万円近くの資金が必要となります。
しかしシェアハウスの場合は、敷金と礼金を合わせても家賃の1ヶ月程度で済み、しかも退去するときも1万5000円程度のクリーニング代を支払えば済むというものが多いです。
このような物件には生活に必要な家具や家電もあらかじめ備え付けられてあることが多く、できるだけ入居のための初期費用を抑えたいという人に向いています。
家電や家具以外の設備も充実しているのもシェアハウスのメリットの一つです。
お風呂やトイレが共通なので、貧乏な人が好んで住むようなイメージがつきまとっていたシェアハウスですが、最近では高級感をアピールするものが数多く登場してきています。
これらのハウスは若干普通のものよりも家賃が高めであるものの、専門家のデザイナーがレイアウトを担当した広々としたリビングや、本格的な業務用のパン焼き器が備え付けられています。
ジャクジーやトレーニングジムなど、健康に良い施設を備えているシェアハウスも増えてきているのです。
凛omoriもそんなシェアハウスの一つです。

凛omoriの特徴

ここには一面に大きなミラーが設置された20畳のフィットネスルームなどがありますので、ヨガやピラティス、ダンスなどの多種多様なスポーツを楽しむことができます。
フィットネスルームには50インチのテレビやビデオカメラ、バランスボール、ヨガマット、アレイセットなどのスポーツのための設備も多く整っており、このシェアハウスはトイレとお風呂が共用の部屋だけではなく、シャワー、バス、トイレなどのユニットがついた部屋も三つあるのです。
最近では、ビジネスの人脈づくりに貢献するシェアハウスも登場してきています。
このようなハウスには、カフェやシェアオフィスが併設されており、ビジネス、プライベートともに広く活用されているのです。
このようなところの多くが各界の著名人を招いて交流をするイベントや、住民を対象にした英会話、料理などの講座を無料で開いています。
シェアオフィス併設のシェアハウスにはビジネスの人脈を作ろうと積極的に活動している人たちが手づくりの料理やお酒などを持ち寄ってリビングに集まり、新たなビジネスの企画を練っていることも珍しくありません。

あわせて読みたい