1. >
  2. >
  3. 地方の良さを体感できるシェアハウス

地方の良さを体感できるシェアハウス

地域密着型のシェアハウス


田舎暮らしを楽しみながらのんびり暮らしたいと考えている方にとって憧れるのは地方移住ではないでしょうか。
今まで都会暮らしに慣れていた方が地方に移住すると、多くの人が「こんなはずではなかった…」と後悔しています。
その理由は理想と現実のギャップがあまりにも大きかったことが考えられますが、理想とした住環境が存在していなかったため地方移住を断念する方も少なくありません。
意外とハードルが高い地方移住ですが、地方の良さを体感できるシェアハウスに住んでみることでスムーズに解決できると考えられます。

地方での生活を体験するのがポイント

都会から地方へ移住した結果、後悔する方が多いのは「想像していた生活と全く違った」とギャップを感じることが大きな原因になっています。
実際に田舎で暮らしてみるとわかりますが、都会での暮らしでは感じることがなかった不便さを田舎では常に感じるものです。
移住してから後悔しないためにも、まずは地方での生活を体験してから住み心地の良さを実感してみることが大切です。
いきなり定住先を決めるのではなく、田舎での生活に慣れるためにまずは住まいを借りてみて生活してみることをおすすめします。

仲間と一緒に暮らすシェアハウス

田舎の生活に憧れて移住を考えている人はたくさん存在していますが、一人で移住してきて田舎に暮らし始めるのは勇気が必要です。
すぐに生活に慣れるだろうか、住まいや仕事は見つかるだろうか…などの不安を解消するためにも、同じ目的を持った仲間と一緒にシェアハウスで暮らすという選択肢をおすすめします。
地方の良さを体感できるのがシェアハウスの醍醐味ですが、まだ地方ではシェアハウスが多く存在しているとは限りませんので良い物件が見つかったら早めに検討することをおすすめします。

例えば北アルプスの自然を感じながら移住を体感できるのが長野県にある「metone」です。
「芽と根」という名前が付けられたシェアハウスで、地域に芽を出して根を張れるようにという思いを込めて地方での生活を体感していただけます。
1ヶ月以上の滞在を目的にしている方向けのシェアハウスで、シェアメイトはもちろんですが地域の人達も頻繁に出入りしている賑やかなシェアハウスです。

まずはシェアハウスで地域の生活や住人の方と慣れていただき、定住を検討できるようになっています。
一ヶ月に一回は地元の人も集まって交流を深めるシェアごはんというイベントも開催しています。
地域のことを深く知るきっかけにもなりますし、地域のお友達を作ることもできます。
賑やかな会を楽しみながら地方での暮らしについて理解を深めることができる良いきっかけにもなります。

あわせて読みたい