ウェル洋光台

大きな農園がついているウェル洋光台

「広い農園の中で、野菜などを育てたい」と考えている人にお勧めなのが、ウェル洋光台というシェアハウス。
「ウェル洋光台」は、緑に囲まれたとても美しいコンセプト型シェアハウス。
横浜でおしえてもらったという知識と技術を活かして、この「ウェル洋光台」では農園でハーブを育てたり、野菜を育てたりして「野菜を育てて収穫する喜び」を学びます。
また、オーナーが所有する農園にでかけたり、いろいろなイベントを開催したりと、活発な活動を行うとしてかなり力を入れているコンセプト型シェアハウスになります。
都会では、本格的な土いじりをする機会があまりありません。
だからこそ、「ウェル洋光台」のように土に触れ、何かを育てて収穫する楽しみを知るということは、大切なことになるのではないでしょうか。

田舎同士のつながりを、絆を

都会では、どうしても「縁」が薄くなってしまいがち。
でも「ウェル洋光台」では、そんな「縁」をとても大切にする活動をしています。
田舎には田舎のコミュニティがあり、そこには人同士の強いきずながありますよね。
「ウェル洋光台」ではそんな「縁」をとても大切にしていることが伝わります。
また、仕事が定年を迎えたあとに田舎に移り住みたいと考えているひとのために、必要な技術などを教えてくれることもこの「ウェル洋光台」の大きな特徴になりますね。

教室を募集しているそうです

「ウェル洋光台」では、住人が主催する「暮らしの教室」をとても大切にしています。
この暮らしの教室では、住人の誰かが中心となって知識を教えることができるというもの。
「自分の特技を生かして教室を開講してみたい」と考える人もいますが、
たとえば、ヨガをできる人がいたらヨガを教える。
アロマが好きな人がいたら、アロマを学ぶ。
そんな風に、誰かと一緒に教室をひらくことができますので、ぜひそのチャンスを活かしてみてほしいです!
好きなことを活かして、講師をやってみるというのは多くの人にとって憧れですものね。

料理を楽しむことができます!

なんと、「ウェル洋光台」にはパティシエさんがいらっしゃるとか。
パティシエさんが作った自慢のジャムをつくることができますし、またマカロンをはじめとするお菓子をいたあくこともでき、もちろんキッチンを使って自分で何かを作ることだってできちゃいます♪
「美味しいものを手作りしたい」と思っているアナタ、この「ウェル洋光台」でチャレンジしてみませんか?

あわせて読みたい